研究戦略・プロジェクト

インタラクティブ操作型医療ロボットの開発

患者への負担が少ない治療技術として、 内視鏡やカテーテルなどを用いた低侵襲手術が盛んになっている。低侵襲手術には、体内という限定された空間において間接視下で遠隔操作を行う困難さを伴う。本研究プロジェクトは、先進的な画像情報インターフェイスやロボティクスを適用して低侵襲手術における操作性の向上やより高度な治療を可能とする技術の開発を目的とする。医者が操作して人間の体内で活動する診断・治療を小型ロボットを対象とし、マルチカメラによる3次元情報の取得と自然な立体ディスプレイや力覚インターフェイスにより直接観察するのに近い感覚で遠隔操作が行えるテレイグジスタンス技術や、小型ロボットの体内の移動や遠隔操作鉗子の開発に関するロボット技術の研究を行う。

低侵襲手術支援技術の開発

低侵襲手術支援技術の開発

プロジェクト参加研究者の利用可能な技術例

プロジェクト参加研究者の利用可能な技術例