お知らせ(News)

2018.06.08 イベント, 研究・受賞

機能創成科学教育研究センター キックオフイベントを開催! (5月25日)

大阪市立大学大学院工学研究科では2018年4月に研究科内の機械物理系,電子情報系,化学生物系,都市系の4専攻分野を横断的に組織し,社会が抱える問題を解決するために「共創教育研究機構」を開設しました.機構内に設けられる三つの教育センターの一つが「機能創成科学教育研究センター」です.
同センターはエネルギー問題解決のカギと期待されるナノサイエンスを探究し,その実現のためナノ・マイクロエンジニアリングの発展を図るべく,工学研究科内約100人の教員が相互連携し,エネルギーを「創る・蓄える・省く」技術を追求し,基礎となる材料,物性,素子にかかわる研究を融合させ低炭素社会の実現に貢献することを目的とします.
キックオフイベントのあいさつで,重川機能創成科学教育研究センター長は「オープンイノベーションで内外からの参画を促し研究を加速させ,社会実装を一つの目標としたい」と抱負を述べました.
なお,都市科学分野及び医工・生命工学分野の教育研究センターは2018年10月頃の開設を予定しています.

news180608tujioka_01

news180608tujioka_02

機能創成科学教育研究センターのWebサイト