お知らせ(News)

2017.09.12 研究・受賞

熱中症の予知・警告を可能に! 大阪市消防局協力のもとウェアラブルコンピュータによる衣服内温度の測定から深部体温の予測を実証

工学研究科 髙橋 秀也教授,都市健康・スポーツ研究センター 岡崎 和伸准教授の研究チームは,大阪市消防局の協力のもと,消防服内にウェアラブルコンピュータを装着し活動中の消防隊員の衣服内温度を測定することで,深部体温を予測する実証実験を行いました.
その結果,衣服内温度により深部体温を予測できることを確認しました.衣服内温度を監視することにより,熱中症の予知や警告が可能になります.

関連リンク:最新の研究情報

プレスリリース