都市学科
Urban Design and Engineering

都市固有の歴史と文化を継承・発展させつつ、環境負荷を低減し、人間活動と自然環境が調和した豊かで安全・安心な都市の実現をめざすには、グローバルな視野に立って複眼的に物事を捉えることができるプランナーとエンジニアを養成することが重要です。
都市学科では、社会の要請を的確に把握し、倫理観と責任感に基づいて主体的に行動する「環境都市づくり」のプロフェッショナル育成をめざします。

環境水域工学

生態系をモデル化し、豊かな海、きれいな海、親しめる海の実現を目指す。
相馬 明郎 教授

複合的なシステムである生態系全体を俯瞰的に捉える

 都市沿岸域の生態系について、保全や活用の姿を描いていくのが私たちの研究です。目指すは、生物の豊かな海、水質のきれいな海、人々の親しめる海の実現。そのためには、沿岸生態系がもたらす恩恵とメカニズムを知り、予測・評価する必要があります。
 複雑な事象を理解する際、その事象を単純化し、本質的と思われる概念や要素を見つける思考過程を「モデル化」といいます。環境問題に取り組む際もその過程は重要です。生態系は生物・物理・化学に加え、社会・経済なども絡み合う、分野横断型の複合的なシステム。これらのコネクティビティ(相互作用)を数理で表現し、全体を俯瞰的に捉えようとするのが生態系のモデル化であり、私たちの取り組んでいるテーマです。
 目指す姿を明らかにすることで、理想と現実のギャップが見えてくる。それこそが課題です。課題の背景にあるメカニズムを推定し、数理モデルで検証し、解決方法を見つけて予測・評価を行う研究を、大学内外の研究者や行政、民間企業とともに進めています。

想定外の結果が新しい発見につながるのも研究の醍醐味

 温暖化をどう抑制していくか、水質や貧酸素をどう改善するか、水産生物をどう守るか。たとえば温暖化の抑制なら、沿岸域がCO2を、どのように、どれだけ吸収しているかの解明を試みるなど、各学生がさまざまな海域でシミュレーションしています。すべての要素を入力して数理モデルを動かすと、想定外の結果が起こって新しい発見につながることも。それも研究の醍醐味です。
 もともと私は民間企業で、環境とITに関する多様な事業・研究に携わってきました。その際も、創造したモデルを、産官学間や専門家間におけるコミュニケーションのプラットホームとして活用し、そこから、新しい課題や事実が見出されてきました。今、社会に必要なものの1つ。それは本質的な問題を自ら見つけ出す能力。学生たちとも対研究者として議論を重ね、新しい問題を見つける楽しさ、次なる目指す姿を描く大切さ、を共有していきたいと思っています。

都市学科研究分野一覧

都市デザイン領域

都市デザイン領域では、都市を取り巻く環境や現象を理解し、都市に求められる多様な役割を総合的に捉えて都市空間を計画・デザインするための手法について教育と研究を行っています。この領域の講義や演習を通じて、機能的で美しい都市づくりのため、都市デザイン・まちづくり・交通計画・都市交通のグリーン化・空間情報解析・地理情報システムなどについて学ぶことができます。

都市基盤計画

都市のさまざまな社会基盤施設の計画とその評価に関わる研究分野です。持続可能な都市の実現に向けて、人の交通行動、都市交通システム、都市基盤施設の設計・計画・運用、安全で快適な公共空間の形成に関する研究に取り組んでいます。

  • シェアリング型「盲導ロボット犬」の実験
  • 生体反応指標等を用いた自転車利用環境の評価実験

都市計画

実験室ではなく、都市そのものを研究対象およびフィールドに、都市の計画とデザインはどうあるべきかという問題について、人と環境との関係性を手がかりに研究を展開。人々がいきいきと暮らせる都市のあり方やその方法論を探る都市再生分野にも取り組んでいます。

  • 橋の上でのオープンカフェを実施した社会実験

環境創生領域

環境創生領域では、都市圏の環境の現状と人間活動による環境への影響を正しく評価し、環境問題を解決するための基礎知識や工学的環境改善手法について教育・研究を行っています。この領域の講義や演習・実験を通じて、持続可能な環境都市づくりのため、省エネルギー・ヒートアイランド防止策・廃棄物リサイクル・上下水道処理・都市河川の生態系再生・海の環境改善などについて学ぶことができます。

地域環境計画

ヒートアイランドを防止する有効な対策を幅広く研究するほか、都市の暑熱化傾向に適応して生活する適応策も考えています。緑化を図るための街路樹の整備や、道路散水、ミスト散布といった対策などがあり、その効果検証を目的とした実態調査研究も行っています。

  • 打ち水イベントでの熱環境計測(大阪・中之島公会堂)

環境水域工学

沿岸域の生態系のしくみと機能を解き明かし、予測・評価する研究を行っています。研究では、生物学・物理学・化学の分野横断的な視点と、数理モデル化、フィールドワーク、環境データ解析など、多様な技術を活用します。生態系と、水質の健全性、生物の豊饒性、気候変動の緩和の関係性を明らかにし、都市沿岸域の目指す姿を探求します。

  • 都市に造成された人工塩性湿地(大阪南港野鳥園)における環境調査

都市リサイクル工学

「ごみ・水・有害物質の循環から都市環境を考える」をコンセプトに、捨てられたごみと焼却灰からレアメタルや有用金属を回収する研究をするほか、焼却工場と下水処理場を連携させ効率的なごみ・下水処理システムを模索。また、有害な化学物質の対策も研究します。

  • 太陽熱を活用したエネルギー創出型下水道の開発(大学屋上の実験施設)

安全防災領域

安全防災領域では、都市における市民生活を維持し、人々が安心かつ安全に暮らすことができる都市を支える技術やマネージメント手法について教育・研究を行っています。この領域の講義や演習・実験を通じて、災害に強い都市の構築のため、インフラ施設の長寿命化・インフラの補修と補強技術・美しい橋・地震に強い橋・地盤の液状化・地下水問題・港湾の修復技術・広域複合都市災害などについて学ぶことができます。

構造及びコンクリート工学

コンクリート材料の性質「材料特性の改善」に始まり、災害に対する安全性などに応じたコンクリート構造物の作り方「設計法の開発」、そして、現在使用されているコンクリート構造物を点検・補修し、永く使い続けるための対策「維持管理のあり方」などを研究します。

  • 鋼とコンクリートから成る複合道路橋

応用構造工学 (橋梁工学)

環境との調和に配慮し、美しく機能的で、地震を含むあらゆる荷重に対し適切に安全で、しかも維持管理・更新もしやすい橋梁構造物の設計・建設や、その維持管理・更新に必要な技術の研究を実施。大阪市との連携にも力を入れ、市と一緒に橋梁の維持管理も行っています。

  • 建設中の橋の様子

地盤工学

大阪地域の地盤性状の詳細を究明して、沈下量が最小限に留まることを前提とした地下水位低下可能量を求める研究を実施。同時に、地震時の砂地盤の液状化危険度を予測し、現状の液状化危険度の分布および地下水位低下による液状化対策効果も明らかにします。

  • 現在の地下水位の場合
  • 地下水位を3m下げた場合

河海工学

津波や河川の氾濫などをはじめとする水災害に関する研究や、これらが同時に発生する場合の被害予測をはじめとする「都市複合災害」の研究に取り組んでいます。自然再生エネルギー(波力発電)や、陸域と海域を総合的に捉えた環境問題にも取り組んでいます。

  • 動的ハザードマップの開発

取得できる資格・卒業後の進路

取得できる資格

・高等学校教諭1種免許状(工業)
・安全管理者(労働安全衛生法)(学科共通)
工学部を卒業し、2年以上産業安全の実務経験のある者は 安全管理者に就任できます。(主務官庁、厚生労働省)
・1級建築士(受験資格)
・2級建築士(受験資格)
・測量士(受験資格)
※所定の科目を修得し、卒業後所定の実務経験1年以上

2019年度卒業生の進路状況

卒業生59名(大学院進学37名 就職22名 その他0名)

2019年度都市系専攻修了生の進路

修了生56名(進学1名 就職53名 その他2名)

2019年度都市系専攻修了生の主な就職先

東京都庁、大阪市役所、独立行政法人都市再生機構、関西電力、阪神高速道路、関西エアポート、鹿島建設、大成建設、竹中工務店、NTT都市開発、東畑建築事務所、昭和設計、日本工営、建設技術研究所、高砂熱学工業 ほか

アドミッションポリシー

社会経済情勢、環境問題、災害対策、国際化などにより都市のあるべき姿は常に変化してきた。都市固有の歴史と文化を継承・発展させつつ、環境への負荷を低減し、人間活動と自然環境が調和した、豊かでかつ災害などの外的インパクトにも強く柔軟に対応できる、安全・安心で機能的な都市、すなわち「持続可能都市」の実現が強く求められている。
都市学科では、この持続可能都市を探求し、またその構築および維持管理に係る技術について学び、それらの最先端課題について研究する。都市学科の教育研究対象は人間社会の介在する公共空間であり、恵みと破壊をもたらす自然現象でもある。また、その課題は地域性とともに普遍性を有し、その現象は微生物スケールから地球規模のスケールにいたるまで大きな幅がある。そのため、都市学科では工学部のアドミッションポリシーに加えて次のような学生を求めている。
  • 1.都市の成り立ちや機能、現状の課題について日ごろから興味・関心があり、社会全体の幸福に貢献できる人。
  • 2.数学や理科などの自然科学分野の基礎学力を有し、それらの工学的応用について関心がある人。
  • 3.地理や歴史、公民などの社会の基礎学力を有し、文明の汎用性と文化の固有性の双方を尊重し、学ぶことができる人。
  • 4.継続的に外国語を学ぶことができる人。また、入学後に日本語または英語による講義が受講可能であり、外国語資料の読解および英語での交流・発表に意欲のある人。
  • 5.都市に関わる問題について、対立する意見を公正に評価し、複合的な問題について多面的にとらえ、科学的根拠に基づきながら自身の意見を述べることができる人。