沿革

工学部・工学研究科の歩み

  • 1928年
    大阪市立大学の前身校のひとつである大阪商科大学(旧制)創設。
  • 1943年
    大阪市立大学工学部の前身となる「大阪市立都島高等工業学校」開校。
  • 1949年
    大阪市立大学創設。理工学部を北野校舎(北区南扇町・元北野小学校)に設置。
  • 1959年
    理工学部を廃止、理学部・工学部設置。
    工学部―応用物理学科・応用化学科・機械工学科・電気工学科・建築学科・土木工学科の6学科を設置。
  • 1990年
    従来の6学科に加え、「生物応用化学科」「情報工学科」の2学科を設置。8学科に。
  • 1999年
    従来の8学科に加え、「知的材料工学科」「環境都市工学科」の2学科を設置。10学科に。
  • 2005年
    2学科の名称を変更。「生物応用化学科」→「バイオ工学科」。「土木工学科」→「都市基盤工学科」。
  • 2009年
    従来の10学科編成から6学科へ再編。
  • 2013年
    「情報工学科」→「電気情報工学科」に名称変更。