建築学科 Architecture and Building Engineering

建築は、様々な環境づくりを通して人間と密接に関わり、社会を形成する重要な要素です。それ故に、豊かで生彩ある社会生活環境の創造に向けて、大きな可能性を有しています。 本学科は、芸術・学術・技術に立脚した「総合建築教育」を特色としており、「発展」から「持続」へ、「効率性」から「人間性」へという、成熟期を迎えた社会の要求や課題を的確に把握し、それらの実現や解決に対して「理論的」かつ「実践的」に対応しうるデザイナーやエンジニアの育成をめざしています。 平成21年度より既存5分野に新たに4つの教育分野を加え、より充実した教育を提供します。「建築」から「都市」まで幅広く学習できるのも本学科の特色です。

Close-up Fields of Study 注目の研究

建築史

過去の建築物から「心地よさ」の理由を学び、得られた知見を未来につなげていく。

生体材料工学 倉方 俊輔 教授

今までにない良さを見つけ、既存のものに新しい価値を見出す

人がその場所にいて「心地いい」と感じるのは、建築物の美しさや空間の快適性だけに由来するわけではありません。例えば、室内のインテリアや窓から見える景色であったり、建築物を含む都市環境であったり、さまざまなものが影響しています。そして、どれだけ技術が進歩しても、その“心地よさの感じ方”というものは、昔から変わらなかったりします。つまり古い建築物や、さまざまな地域の環境に着目することで、「どういうものを造ればいいのか」という目的に関するヒントが見えてくるわけです。その観点から、過去やさまざまな地域について考察し、得られたものを未来の建築につなげようというのが建築史の考え方です。
有名な建築物だけが対象になるわけではありません。例えば、ある学生は町の銭湯を取り上げ、「コンビ二型銭湯」というジャンルを自ら考案し、現代の地域コミュニティの場として着目しました。このように評価基準を変え、既存のものに新しい価値を見出せるのも建築史の面白いところです。

最高のフィールドワークの場となる生きた歴史がつまった大阪の街

本学がある大阪市は、生きた歴史がつまっている街です。例えば、江戸時代から船場の商人の守り神だった北御堂は今も公共の場として賑わっていますし、北浜・中之島界隈には現在も使われている明治から昭和初期に建てられたレトロな建築物があり、もちろん市内には最新の技術が用いられたビルなどもたくさん存在します。今に息づく伝統や歴史が生活圏に多数存在し、それが現代の都市と融合している全国的にも珍しい地域であり、フィールドワークでそれらを目にし、体感することが、これからの建築を考えていく上での大きなヒントになるでしょう。フィールドと文献を行き来しながら、新たな価値を発見し、位置づけていくのが建築史の醍醐味です。身近なところに“大阪の街”という生きた教室があることが本研究室の有利なところだと思います。

建築学科研究分野一覧

構造領域

構造領域では、建築物の様々な構造的な振る舞いを制御するために必要な知識、技術に関する教育・研究を行っています。具体的な教育内容は、(1)建築物の構造解析技術の習得と構造計画の立案能力の開発(構造力学、構造計画)、(2)建築物の構造設計に関する基礎知識の習得と理論的背景の理解(基準荷重、荷重見積り)、(3)建築物の構造材料と施工品質管理に関する基礎知識の習得または、建築物の各種構造と建築構造材料特性に関する基礎知識の習得(建築材料、施工品質)です。

建築構造学

建築構造の中でも特にドームやスタジアム屋根などに代表される空間的な広がりを持つシェル空間構造の力学特性に関する研究に力を入れています。その構造特性を数値解析・実験的手法の両面から研究し、新しい建築空間を創るための構造技術の開発をめざしています。

建築防災

建築物は主に地震による力と風による力に耐える必要があります。地震による力は建築物の硬さや重さという建築物の中身によって異なるのに対し、風による力は建築物の形、いわば外見に影響を受けます。当研究室では、こうした建築物をめぐる風による力を研究しています。

建築材料学

建築物を構成している材料(コンクリートや鋼などの構造材および仕上げ材)に関わる研究をしています。最近では他業種からの廃棄物をリサイクルして壁仕上げ材などに利用する開発研究も行っています。また、材料劣化と関わりの深い構造物の寿命に関する調査研究をしています。

  • 茶がらを用いた仕上げ材
  • 茶がらボードを造り付け下駄箱やトイレの壁に施工

環境領域

環境領域では、建築空間における人の快適性や省エネルギーの観点から室内外環境制御についての教育・研究を行っています。具体的な分野としては、(1)日照・照明・採光に関わる光環境分野、(2)温度やエネルギーに関わる熱環境分野、(3)騒音や遮音、音響特性に関わる音環境分野、(4)空気質や空気流動に関わる空気環境分野、(5)給排水衛生消火システムや空調・換気を取り扱う建築設備分野に分類され、建築物理の定量的評価と人間の心理・生理的評価の観点から建築を取り扱います。

建築環境工学

建物における快適な環境を研究。例えば、ヒトから環境への働きかけとしての「環境調節行為」を組み込むことをめざし、どのような環境で窓の開閉や冷房のオン・オフなどの環境調節行為が行われているかを調査するなど、より合理的な温熱環境の設計を追究しています。

  • 環境調節行為の測定風景

担当教員

※クリックすると研究者紹介が表示されます。

計画領域

計画領域では、建築物としての物理的特性に加え、人の社会生活や歴史文化といった側面を加味した〈建築〉を計画するための教育・研究を行っています。具体的な分野としては、(1)新築のみならずストック活用や建物の組み立てまでを含む計画分野、(2)建築に関する幅広い与条件を創造的に統合するデザイン分野、(3)建築の評価と定義を更新する建築史分野からなります。本領域は、実際の設計を通した実践的なアプローチに比重を置き、実践と理論とを往還するところに特徴があります。

建築デザイン・歴史

実在する都市をフィールドに調査・分析し、それを建築の意匠へ活かす設計手法の研究を行っています。展覧会への応募のほか、研究室に依頼された建築物の設計や、建築設計事務所のコンペのメンバーに加わるなど、実際のプロジェクトに携わる機会の多いことが特長です。

建築計画

大阪固有の都市型住宅を対象に(1)潜在する「型の原理」を解明(2)その原理を適用して高層マンション等に対するカウンタープランとして都市住宅「大阪モデル」を開発(3)都心居住の今日的課題を照射し、コンパクトシティの内実化、具体化への貢献をめざします。

  • 住み手により手を加えられながら住み続けられている大阪都心の長屋と、最近建てられたタワーマンション

建築構法

建築構法では、構造的、美的に優れた建築物、特に大スパン構造に用いられるラチスシェルの設計法提案を研究しています。

  • 単層2方向ラチスシェル・実大試験体

コミュニティデザイン

人・コミュニティ・地域という実体として生きている都市にフォーカスし、住民とのワークショップなどを通じて実証的に研究。都市や地域を活性化させる住民主体のまちづくりや、建築単体を超えた面的・群的な都市空間のデザインといったテーマに取り組んでいます。

  • 公共空間の使いこなしの社会実験として、地域の人たちと一緒に実施した水辺ピクニック

担当教員

※クリックすると研究者紹介が表示されます。

環境図形科学

「大規模な幾何データに対する空間情報解析手法」、「アルゴリズムによる建築・都市の設計手法」、「数理モデルに基づく効率的な避難計画手法の開発」などについて研究を行っています

  • 列挙アルゴリズムによる住宅のフロアプランの例

担当教員 共通(兼担)

※クリックすると研究者紹介が表示されます。

取得できる資格・卒業後の進路

取得できる資格

・高等学校教諭1種免許状(工業)
・安全管理者(労働安全衛生法)(学科共通)
工学部を卒業し、2年以上産業安全の実務経験のある者は 安全管理者に就任できます。(主務官庁、厚生労働省)
・1級建築士(受験資格)
※所定の科目を修得し、卒業後所定の実務経験2年以上
・2級建築士(受験資格)
※所定の科目を修得し卒業すること
・測量士(受験資格)
※所定の科目を修得し、卒業後所定の実務経験1年以上
・施工管理技士(建設業法)
※所定の科目を修得し、卒業後一定期間実務に従事した者

平成27年度卒業生の進路状況

卒業生28名 大学院進学13名 就職15名

平成27年度都市系専攻修了生の主な就職先

国土交通省、大阪市、都市再生機構、関西電力、西日本旅客鉄道、大林組、鹿島建設、竹中工務店、日本工営、パシフィックコンサルタンツ、建設技術研究所、横河ブリッジ、ダイキン工業、住友林業、NTTファシリティーズ、荏原製作所 ほか

修了生56名 就職54名 進学1名 その他1名

アドミッションポリシー

本学科は幅広い分野に対応しており、多様な人材を求めています。以下の「6」は必須ですが、「1」~「5」のいずれかの資質を有する人を求めています。
  • 1.より良き人間生活と社会づくりに向けて、建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする
    意欲のある人
  • 2.探究心が旺盛で、人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや、それを支える仕組みに興味がある人
  • 3.建築という形のあるものを創り出すこと、それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人
  • 4.立体的な思考が得意で、ものづくりや空間への興味・関心が高く、創造力の豊かな人
  • 5.自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人
  • 6.建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており、人文・社会科学、文化、歴史など
    広範な学問領域に興味のある人