都市系専攻 City system

都市系専攻イメージ画像

現代都市が成長段階から成熟段階へ移行する転換期にあって、高度専門職業人や研究者の養成のために、幅の広い視野と総合的な判断力を備えた人材の育成が必要です。本専攻は計画系、環境系、構造系の3つの教育研究領域で構成されます。従来の建築学、土木工学の枠組みを超えて、各領域が成熟都市における先端的課題に向けてのプロジェクト研究を組めるような連携体制をとっています。

都市系専攻専門分野一覧

構造領域

専門分野 教員 研究概要
建築構造学 教授 谷口 与史也 「建築物」「外力」「振舞い」の関係を把握するための構造解析技術の習得と各種構造の力学特性に関する教育
准教授 吉中 進
特任助教 鈴木 裕介  
建築防災 教授 谷口 徹郎 耐風・耐震設計法およびより合理的な設計用風荷重の追究に必要な知識および技術に関する教育
准教授 ガヴァンスキ 江梨
建築材料 講師 木内 龍彦 各種建築材料およびそれらの組立て方を通した建築物の生産を総合的な視点から理解するための教育

環境領域

専門分野 教員 研究概要
建築環境工学 教授 梅宮 典子 自然エネルギーを有効利用して建築物や居住者の環境をパッシブに調整するための知識や理論に関する教育
講師 小林 知広

計画領域

専門分野 教員 研究概要
建築デザイン 教授 宮本 佳明 建築形態および空間構成の設計理論とデザイン技術に関する実践的な教育
建築史 准教授 倉方 俊輔
建築計画 教授 横山 俊祐 住まいや施設の計画や設計および空間の使い方やつくり方の理論や技術に関する教育
准教授 徳尾野 徹
建築構法 准教授 藤本 益美 各種建築材料およびそれらの組立て方を通した建築物の生産を総合的な視点から理解するための教育
図形科学 准教授 瀧澤 重志
※ 共通(兼担)
大規模な幾何データに対する空間情報解析手法とアルゴリズムによる建築・都市の設計・マネジメント手法の開発

安全防災領域

専門分野 教員 研究概要
複合構造 教授 鬼頭 宏明 鋼・コンクリート合成構造の力学特性と合理的設計法
コンクリート構造 准教授 角掛 久雄 構造物の動特性および合成構造物の力学特性
橋梁工学・鋼構造 教授 山口 隆司 橋の環境、美しい橋の開発、材料・部材の接合、コンピュータを使った実験
地盤環境工学 教授 大島 昭彦 地盤・地下水環境に関わる粘土層の沈下問題と砂層の液状化問題の研究
地盤防災工学 准教授 山田 卓 自然斜面の風化と安定問題。地盤の地震時挙動に関する諸問題
河海工学 教授 重松 孝昌 広域複合災害とコミュニティ形成、波力発電、港湾施設の維持・管理
水理学 講師 中條 壮大 高潮などの異常潮位予測、構造物周り流れと輸送現象、海岸地形変化、気候変動影響評価

環境創生領域

専門分野 教員 研究概要
熱環境 教授 西岡 真稔 都市の熱環境調整、ヒートアイランドの防止対策
熱エネルギー設備 准教授 鍋島 美奈子 都市の熱環境実測調査と空間分析評価、都市気候地図の活用
水圏生態工学 教授 相馬 明郎 生態系の動態と機能の解明,社会・生態システムの予測・評価体系の構築
水圏環境工学 講師 遠藤 徹 臨海都市の環境再生と共生型生態系の構築
水処理工学 教授 貫上 佳則 都市域における微量有害物質の動態解明と制御、リサイクル材料による環境改善
廃棄物リサイクル 准教授 水谷 聡 廃棄物の適正処理とリサイクルに伴う環境影響評価

都市デザイン領域

専門分野 教員 研究概要
都市計画 教授 嘉名 光市 都市デザイン、景観論、環境都市計画の計画技術開発
交通計画 教授 内田 敬 情報通信技術を用いた都市活動・交通行動分析と都市再生への適用
交通環境 准教授 吉田 長裕 都市交通の安全と環境の評価方法に関する研究
図形科学 准教授 瀧澤 重志
※ 共通(兼担)

テニュアトラック連携教員

専門分野 教員 研究概要
環境化学 特任准教授 遠藤 智司 微量有機汚染物質の環境分析、動態解明、分配・吸着特性の測定と予測

卒業後の進路

平成27年度都市系専攻修了生の主な就職先

国土交通省、大阪市、都市再生機構、関西電力、西日本旅客鉄道、大林組、鹿島建設、竹中工務店、日本工営、パシフィックコンサルタンツ、建設技術研究所、横河ブリッジ、ダイキン工業、住友林業、NTTファシリティーズ、荏原製作所 ほか

アドミッションポリシー

大阪市立大学大学院工学研究科に進学した人には、研究者、技術者としての主体性を高め、多様な局面に迅速に対応し、問題の本質を見抜き解決できる能力を身につけてほしいと考えています。そのために、工学研究科では、学生の勉学と研究を積極的に支援するとともに、従来の専攻の枠組みにとらわれない学際的な研究体制を発展させ、多彩な教育・研究指導により、世界的に優れた成果を得る機会と環境を提供します。また、大学院生による海外での研究発表を積極的に推奨するとともに、社会人の学位(博士(工学))取得も応援します。工学の分野で社会に貢献する使命感を持つ学生を受け入れたいと考えています。具体的には、以下のいずれかあるいは複数の素養や能力を持った人を求めます。
[前期博士課程]
  • 1. 工学の分野において専門性を志向しつつ、さらに高度な工学領域の知識と技術を広く習得する素養を持った人
  • 2. 工学以外の分野で基礎を学び、それを工学の分野で活かす素養を持った人
  • 3. 修士論文の作成に求められる研究力の習得に必要な論理的思考力、デザイン力、コミュニケーション力を持った人
[後期博士課程]
  • 1. 工学的基礎研究とその応用研究を遂行する自立した研究者となる素養を持った人
  • 2. 国内外の研究者・技術者と共同して高度な技術開発を遂行できる技術者となる素養を持った人
  • 3. 専門分野のみならず、他分野を横断した研究・開発を自ら企画し、実行できる力をもつ高度な技術者あるいは研究者となる素養を持った人
  • 4. すでに社会で活躍しており、修士の学位を有するか、それと同等の学力と研究業績があると認められる研究者および技術者で、研究・開発におけるさらなる飛躍を求めグローバルに活躍する素養を持った人、または自らが得た研究成果を体系化する素養を持った人

さらに、各専攻では、次のようなことに取り組む意欲のある人を求めています。
(都市系専攻)
  • 建築学、都市学に関する広範な専門知識と柔軟な思考力、あるいは、特定の専門領域に関する深い知識と研究能力をもち、持続可能な成熟都市の整備に向けた諸課題に取り組む意欲のある人